ウーマン

難易度の高い行政書士の資格を取得|使い道を紹介

幅広い知識を持つ専門家

勉強道具

書類作成のエキスパート

行政書士は、総務省が所管する国家資格です。この資格を有する人は、依頼を受けて官公署に提出する各種の届書・申請書や、権利義務・事実証明に関する書類の作成を業として行うことができます。複数の有資格者が共同して、法人を設立することもできます。行政書士試験は毎年1回、11月に全国で実施されます。試験は5者択一式の選択問題と短文記述問題の2種類によって行われます。受験資格に制限はなく、年齢・学歴を問わず誰でも申し込めます。行政書士が取り扱うことのできる書類は、一説によると約1万種類にものぼるとされています。そのため、資格試験においても非常に幅広い知識が問われます。憲法・民法・行政法・商法・会社法などの法令から、政治・経済・社会にかんする一般知識まで、問題は多岐にわたります。全体で6割以上正解することが合格基準となっていますが、法令問題で5割以上、一般知識問題で4割以上の正解がないと足切りの対象となります。こうしたことから、合格を目指すには非常にたくさんの科目を勉強する必要があります。ただ、その一方で行政書士試験には科目ごとの配点が毎年ほぼ変わらないという特徴があります。最も分量が多いのが行政法で、民法がこれに次ぎます。この2科目で全体の過半数を占めます。詳細は検索すると簡単に調べられますが、その他の科目の配点についても平成18年度に試験改革があって以降はほとんど変わっていません。そのため、この配点割合に応じて学習時間を配分すると、効率的な受験勉強ができます。