ウーマン

難易度の高い行政書士の資格を取得|使い道を紹介

仕事の選択肢や法律の知識

法律書

多くのメリットがあります

行政書士は、さまざまな手続きのワンストップサービスとして、また依頼に迅速に対応する救急救命士的な存在として活躍できる仕事です。また行政書士は、さまざまな依頼主の、それぞれの事情に応じたニーズに、丁寧に対応も求められます。そして、依頼主の代わりに判断をすることもあります。責任がそれだけ重い業務であることも確かですが、達成感もある仕事です。主婦にとっても資格を取得することのメリットがあります。教育訓練給付制度を利用して勉強することもできますし、条件に該当すれば開業融資も受けられます。そして、行政書士として開業し、収入を確保することで、今後の人生の選択肢が広がります。共働きなら、開業して得た収入を家計の足しにできますし、子供がいても開業可能な資格が行政書士です。また、行政書士の資格試験に向けて、はじめて法律を勉強する人でも、受験勉強を通じて、少しずつ知識を積み上げていくことができます。今まで知らなかった法の解釈や、世の中の仕組みなどを学ぶことができます。これらの知識は、資格取得できなくても、それからの人生に活かすことができます。資格取得後は、応募書類に資格を記載でき、就職先の選択肢が広がります。また、親や知り合い、自分自身の問題にも知識が使えます。そして、外国人の出入国手続関連における、申請取次業務を取り扱うことが可能です。この業務を行いたい場合は、行政書士登録終了後、行政書士証票が発行された後に、研修会を履修し、届出済証明書が発行されることが必要です。