ウーマン

難易度の高い行政書士の資格を取得|使い道を紹介

文書作成の専門家になる

SKILL

行政手続きに精通した人

行政書士は国家資格の1つで、いわゆる独立開業系の資格に属します。行政書士事務所を自ら開設し、依頼に応じて官公署に提出する書類の作成や提出代行、権利義務及び事実証明に関する書類の作成などを手がけます。一般企業の中にも、行政手続きに関する専門知識を身につける好機だとして資格取得を奨励しているところが少なくありません。行政書士の資格を取得するには、毎年11月に実施される国家試験に合格する必要があります。受験資格に制限はなく、学歴等に関係なく誰でも受験できますが、合格率は毎年10パーセント前後と難関のため、しっかりとした受験対策が必要になります。現在、多くの専門学校や資格スクールでは、行政書士試験に対する受験対策講座が開講されています。通信講座も非常に数が豊富です。カリキュラムはスクールごとに異なりますが、おおむね6〜9か月程度が平均的な受講期間となっています。市販の参考書や問題集を利用しての独学も可能ですが、やはり学習に必要な期間は同程度の長さが目安になります。学習に要する費用もまちまちですが、おおよその相場としては通学・通信とも専門学校が20万円前後、資格スクールが5〜10万円といったところです。通信講座の場合は、テキストのみによる学習か、DVDなどの映像メディアが付属しているかによってかなり費用が異なります。なお、多くの受験講座では、講座修了後あるいは途中に模擬試験を実施しています。試験の中には、受講生以外の一般受験を認めているところもあります。