女の人

難易度の高い行政書士の資格を取得|使い道を紹介

行政に関わる仕事がしたい

勉強する女性

公共の仕事は様々な形で官公庁等の行政と関わります。中でも官公庁や行政機関への各種申請書類の作成は難しく、資料に不備があると申請を受け付けてもらえず業務が停滞します。このような問題を解決してくれる職業が行政書士です。行政書士とは行政機関への各種申請書類や事実関係の証明書類の作成を、当事者に代わって作成し提出することを業務とした人のことです。各種手続きの具体例を上げると、建設業や飲食店の許可申請や、会社設立に必要な書類や遺産遺言に関する書類の作成等を行うことができます。行政書士は国家資格で資格を取得しないと先程紹介した業務は行なえません。資格の中でも行政書士は人気で、資格を持っているだけで稼げる数少ない資格の一つです。行政書士の魅力は幾つかありますが、何と言っても収入が安定していることです。行政書士の業務は広いので頑張って仕事をとってくれば年収1千万円も夢ではありません。サラリーマンと異なり自身の努力次第で大幅に年収は変わります。次に行政書士は受験資格が不要なので、誰でも受験できるという魅力があります。このため学歴がなくても頑張って勉強して試験に合格すれば取得できます。専門学校に行って資格取得を目指すことも出来ますし、忙しいのであれば通信講座を活用して合格を目指すことも可能です。自分の生活スタイルなどに応じて、どの方法で学ぶのか決めて行きましょう。スクール、通信講座はどちらも様々なものがあるので、テキストの見やすさや料金などの比較は必要不可欠です。

法律書

仕事の選択肢や法律の知識

行政書士の業務は、書類などの手続きのワンストップサービスや、依頼主の代わりに判断をすることもあります。また資格試験の勉強を通じて、法の解釈や、社会の仕組みを学ぶことができます。そして外国人の出入国手続関連業務にも携わることが可能です。

SKILL

文書作成の専門家になる

行政書士は、官公署に提出する書類や権利義務に関する書類の作成などを手がける専門家です。有資格者は独立開業が可能ですが、一般企業で活躍している人もいます。国家試験は毎年5万人前後の受験者があり、学習機会も通学講座・通信講座・独学と各種用意されています。

勉強道具

幅広い知識を持つ専門家

行政書士は、行政手続きや個人・法人の権利義務等に関する幅広い知識を有するプロフェッショナルです。資格を取得するには、毎年行われる国家試験に合格する必要があります。試験はかなりの難関ですが、試験範囲や配点が毎年ほぼ固定されているので、対策は比較的立てやすいと言われています。